SSブログ

41. 旧教育職俸給表(二)1級(その13) [3. 旧教(二)1級]

 しかし、改めて教(二)(三)1級を考えてみると、教(二)(三)2級との格の差は、行(一)ベースで見て、4級もの差がある。教(二)で言えば、1級が行(一)4級までであるのに対して、2級は行(一)8級までブリッジしているのである。これはどう見ても大きな格差だと思う。どうしてそんなに大きな格差を付けたのか。どのような事情でそうなったのか…。
 人材確保法に基づく特別改善が行われた際に、教諭に適用される2級の改善を重視するあまり、1級がないがしろにされたのではとも疑ってみたが、ベースアップ率を控除して特別改善率を算出して確認してみると、教(二)2級はトータルの改善率が7.7%であるのに対して、教(二)1級でも7.4%改善されており、そうではないことが分かった。
 俸給水準の格付け、いいかえれば職務の級レベルでは、人材確保法に基づく特別改善により教(二)(三)1級と教(二)(三)2級の格差は3級から4級に広がっている。しかし、俸給月額レベルの改善率で見ると、先ほどから触れているように、少なくとも教(二)1級と教(二)2級の均衡は概ね保たれてきたはずであった。
 いよいよ4級もの格差の理由は分からない。教(二)2級が行(一)の2級から8級までブリッジしていることの反射的な現象として生じたのかもしれない。観点を変えて、再任用職員についての旅費における行(一)相当の運用表を見てみると、教(二)1級は行(一)3級=主任相当、教(二)2級は行(一)6級=本省困難係長相当とし、その結果3級の格差となっており、似たような状況となっている。それは、この項の出発点で考察した実習助手等の職務と責任「教諭を助ける」と教諭の職務と責任「教育をつかさどる」の違いに決定的な理由があるのだろうと想像するのだが…。
 ここで、行(一)、教(一)、 教(二) 、教(三) 、教(四)の各級の最高到達号俸を金額順に並べてみることにしよう。もしかすると人事院の考えのヒントが得られるかもしれない。
 <行(一)、教(一)、 教(二) 、教(三) 、教(四)の各級の最高到達号俸の比較 平17改正>
   教(一)5―23  588,200 大学教授
   教(四)5-16  588,000 高専校長
   行(一)11―15  575,700 本省部長、県部長
   教(四)4-25  550,300 高専教授
   教(二)4―15  524,500 高校校長
   行(一)10―15  508,600 本省課長、県次長
   教(二)3―23  502,900 高校教頭
   教(一)4―26  502,000 大学助教授
   教(三)4―15  497,900 小中校長
   行(一)9―18  485,300 本省室長、県総括課長
   教(四)3-27  485,300 高専助教授
   教(三)3―26  471,100 小中教頭
   教(一)3―28  469,500 大学講師
   教(四)2-32  464,500 高専講師
   教(二)2―33  454,200 高校教諭
   行(一)8―21  449,600 本省困難補佐、県課長
   教(三)2―36  440,800 小中教諭
   行(一)7―22  425,700 本省課長補佐、県総括補佐
   行(一)6―24  415,300 本省困難係長、県課長補佐
   教(一)2―34  409,400 大学助手
   行(一)5―26  380,400 本省相困係長、県総括係長
   教(四)1-37  366,100 高専助手
   行(一)4―28  363,200 本省係長・困難主任、県係長
  ★教(二)1―40  360,300 高校実習助手
   教(一)1―38  353,300 大学教務職員
   行(一)3―32  316,200 行政特高業務・主任
   教(三)1―33  314,100 小中講師
   行(一)2―19  244,100 行政相高業務
   行(一)1―16  187,800 行政定型業務
 さあ、ここから何を読み取るか…。人事院が微妙な職種間の均衡に腐心してきた跡は読み取れそうではある…。
 このテーマはここで一旦終わりにしておきたい。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 5

よみ

はじめまして。
主任実習助手という仕事をしている者です。
実習助手というフレーズで検索中にこちらにたどり着きました。

私は旧給与表では教2級になります。
うちの自治体ではクラス担任業務はありません(副担任はあります)が、単独で授業をすることがあります。
主任主事の経験もあります。

自治体や学校によって、必ず複数で授業をしていたり、クラス正担任をしていたりするみたいです。
これでも職能別に給与が定められているといえるのかどうか、疑問ですが・・・。

ほかにも、職名(呼称?)が実習教諭とか実習講師とかいろいろあるみたいです。
これからも勉強させてください。
次の記事も楽しみにしています。
by よみ (2006-12-09 02:09) 

速見卓

 よみさん、初めてのコメントありがとう。
 実習助手という職種に限らず、同じ職名であっても自治体によって職務の実際は違うのだろうと思います。教(二)1級を考察した動機の一つには、産業教育手当の支給対象となる実習助手は実習免許取得の道が開かれており、教諭任用の可能性があるけれども、これ以外の理科等の実習助手の方にはその道が開かれていない中で、実際の各県の運用では2級昇格を実施していることの意味を少し考えてみたい気もあったのです。給与水準としては、退職まで勤務することを想定すると一般の事務吏員などと比較して教(二)1級はいかにも低いですよね。一方、教(二)2級の最高到達水準は一般の事務吏員などと比較するとかなり高い水準になります。給与構造上の制約の中で、各県で智恵を絞ってるのでしょう。
by 速見卓 (2006-12-10 22:20) 

よみ

速見さん、返信ありがとうございます。
確かに、教育職の1級は低すぎると思います。
さらには養護助教諭等、期限付き教諭の先生方などは正規教諭と同じような職務をこなしながら1級なのですから、職能給の意味合いは無きに等しいです。

また、2級昇格=「2級ワタリ」は各自治体によって、選考方法や資格要件などがまったく異なります。
2級になったからといって、必ずすべてを教諭に任用替えする訳ではないのです。

☆「昇格」・・・職務の変更を伴う。
★「ワタリ」・・・職名や給与が変わっても、職務の変更が無い。

ご存じの通り、教育職員免許法によりますと理科の実習助手のみ、この免許取得の道が閉ざされています。
そのため自治体によっては、理科実習助手の「2級ワタリ」を実現させるため、独自の管理規則の中で2級任用を認めている所もあるようです。(無資格ワタリとも言います)


すみません、ひとつお願いがあります。
もしよろしければ、私の配信しているメールマガジンにて、上記の記事をお借りすることはできますでしょうか?
ご承諾いただけると幸いです。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
by よみ (2006-12-11 22:25) 

速見卓

 よみさんへ
 私のブログの記事は使用していただいてかまいません。ただ、掲載記事は、私が教員給与を学習する過程で考えてきた内容であるため、オリジナルを含んでいる一方、正しい考察かどうかの保障がなく、読者の評価に委ねている点を御理解下さい。
by 速見卓 (2006-12-12 23:43) 

よみ

ご快諾ありがとうございます。
速見さんやいろんな方の知恵が集積されて、ヒラメキが生まれ、より多くの方々の理解が深められることが私の願いです。
予定では、来週あたり配信したいと考えています。

いつか、近い将来お会いすることがありましたら、改めてお礼をさせてください。
http://www.mag2.com/m/0000124257.html
by よみ (2006-12-15 00:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0